甘酸っぱい体臭ニオイダイエット

甘酸っぱい体臭には注意が必要?糖尿病の早期発見方法

 

汗ばむ季節となってきましたが、最近体臭が甘酸っぱいニオイがする人はいないでしょうか。

 

それは、身体がシグナルを出しているサインでもありますので注意が必要です。

 

甘酸っぱい体臭の原因は、体内でケトン体が増加している恐れがあるといえます。

 

普段、私たちの身体は主なエネルギー源としてブドウ糖を利用していますが、糖尿病の場合、そのブドウ糖を代謝してエネルギーに変える役目をするインスリン減少しているために、ブドウ糖をエネルギー源として使用することはできません。

 

その代わりに、脂肪を代謝してブドウ糖に変わるエネルギー源を得るのですが、この脂肪を分解するときに生成されるのがケトン体です。

 

このケトン体が汗に混じると甘酸っぱい体臭になるとされています。
また、ケトン体が過剰になると糖尿病ケトアシドーシス、あるいはペットボトル証拠運群と呼ばれる急性代謝性合併症を起こしめまいは頭痛などの症状が起きて最悪に場合に歯意識障害などを起こす可能性もあるとされています。

 

特に、最近では過度なダイエットによってケトン体が増えている女性が多く、問題視されています。

 

糖尿病によるインスリンの低下に限らず、必要な栄養が不足することでもケトン体が増えることが考えられますので、ダイエットをする際にはただ単に極端な食事制限をするのではなく、適度な運動に加えて必要な栄養素をしっかりとバランスよく取りながら行っていくのが望ましいといえます。

 

甘酸っぱいニオイが体内から消臭サプリでケアする

甘酸っぱい体臭をケアするには体内から消臭してくれる体臭サプリメントを使うのも効果的です!
是非一度試してみてください^^

 

>>消臭サプリ<<

 

あなたの体臭の悩みが晴れることを願っています^^